おすすめ

敵はどこにいるのか?

昨日は
飲食や菓子製造の
営業許可をとるため、
キッチン利用の調整を
してきました。

正式オープンは
1ヶ月後くらいかな、
とおもいますが、

クラウドファンディングを
考えていますので、

同じくらいのスタートになるかと
思います。

さて、
今日は
エミリー・ディキンソンの
「雄叫びは勇ましきかな」という
詩についてお話してみたい
と思います。

というのも、私はずっと、
古典の詩を通じて、
心や修身をみにつけてもらいたい、

そういう祈りがあって、

それで、いまは細々ですが、
古典倶楽部、というのを
やっているのですが、昨日これを読んで、詩を読んだのですが、
すごくよかったのです。

この詩には、

“雄叫び響く戦いは勇ましい。
だが私は知る。さらに雄々しき戦いは
おのれの心を突き破る悲しき戦士の姿こそ”

とあります。

私たちが読んでいる解説本では、
「おのれをのりこえることのみが、
人生の意味である」

そして、それこそが真に自由な
人生なのだ

と解説していました。

そして、
この世にはおのれの他に敵などいない。

正確には自分も敵ではない。

おのれの発展と燃焼を阻害する
旧い記憶と悪癖が敵なのだ、

とも。

多くの場合、
その旧い記憶や悪癖にとらわれている
ことに無自覚だったり、

はたまた、
それらを取り除く勇気がもてなかったり。

じつは、
安心感と素直な心をもてば
そんなに難しいことではないのですが、

なかなか大人になると
難しい。

というよりも、
指摘を素直に聞いてもらうのは
すごく難しくなりますからね。

なかにはこういうお話しを聞くなかで、

自分のことを客観的にみることが
できるようになったり、

勇気がでる方もいると思うので、
今回はご紹介してみました。

それではまた!

関連記事

  1. おすすめ

    人を巻き込むのに大切な3つのこと

    こんばんは、ハリーです。昨日は、仁淀川沿いの山間の谷…

  2. おすすめ

    人新世の資本論的なこと

    昨日はシニアの高知への移住をお仕事にされてる高知在住…

  3. おすすめ

    DIY精神にみる小さな起業家

    昨日は、私が住んでる日高村よりさらに仁淀川を上にいった、吾北…

  4. おすすめ

    市役所に就職します

    一昨日は、地方創生をすすめる、Japan Chall…

  5. おすすめ

    飯がうまい理由

    今日は日高村能津の耕作放棄地の草引きをしておりました^^草引…

  6. おすすめ

    オーガニックフェスタに出店!!

    この13日には、高知オーガニックフェスタにハリー村と…

社長プロフィール

e37f7e7a54d1483e5ec2c8dfb27cedc6

荒牧 国晴(ハリー)。東大法学部を2006年に卒業後、経団連で7年勤務。その後、グローバル人材育成の教育ベンチャーでNo.2、起業支援業を経て、2020年8月に高知日高村に移住。青少年が自分の人生をつくる力を培う学校づくりを開始。2022年3月合同会社ハリー村を設立し、社長に就任。

カテゴリー

  1. おすすめ

    東京の会社員は本当に幸せなのか?
  2. おすすめ

    売りたいならユーモアを磨け
  3. おすすめ

    プーチンは狂ったか?
  4. おすすめ

    戦争はマスクから起こる
  5. おすすめ

    起業ではインプットはアウトプットより後
PAGE TOP
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。