合同会社ハリー村について

◉Vision
高知・仁淀川沿いに、自分の人生をいきる中学校をつくる!

◉Mission
人にも自然にもやさしい世界を!

◉Values(大切にする価値観)

・今を生き、いつでも楽しんでいる
・感性を解放し、磨き続ける
・自らの価値観・感性を貫く覚悟を持つ
・他者を尊重する(押し付けない)
・人を喜ばせる。そのために強くある。
(Get out of your Comfort Zone)

◉活動内容

高知に起業家が泊まるDash村をつくることを通じ、
青少年が自分の人生の創り方をまねびとれる学校をつくる、
高知・学校DIYプロジェクトを推進。

主に、以下の3つの活動をしています。

①有機でおいしいを届ける。

②大都市圏の方々に、自然と調和した暮らしを届ける

③中高生に自分の人生を創る実践を与える


具体的には、有機栽培で季節の様々なお野菜を育て、
その素材で作ったおしゃれで美味しいお料理や
デザートを、カフェ/ケータリングという形で提供しています。

また、高知での畑活イベントを通じて
地域コミュニティをつくりながら、

大都市圏の方を対象に、
Dash村づくりに参加できる、
ハリー村研修を開催しています。

ハリー村の様子を
チェックしたい方は
こちらのYouTubeをご覧ください。


その他、ご質問などありましたら
メール(info[at]harry-aramaki.com)か、メルマガ配信への返信でご連絡ください。

【業務執行社員のご紹介】

荒牧国晴(あらまき・くにはる)
神奈川県横浜市出身。高知県日高村在住。
東大法学部を2006年に卒業後、経団連で7年勤務。その後、グローバル人材育成の教育ベンチャーでNo.2をつとめ、3人の会社を20名規模、総額7億円の出資を引き出すまで成長させる。2018年、起業支援業で独立。初年度の年商は1,000万円超。2020年8月から1年間の、高知県・日高村の地域おこし協力隊を経て、2022年3月、合同会社・ハリー村の社長に就任。
サカマキ・ライアン
高知県いの町在住。2002年コロラド大学を卒業。
2002年に日本に移住し、大分市と京都市で英会話講師。2007年にハワイに帰国。料理学校を経て料理人となり、 Nobu‘sのほか、ハリウッドスターが多く宿泊する一流ホテル カハラホテルでシェフを5年務める。2021年の9月に日本に再び移住。農泊レストランでハワイ料理をふるまうのを夢見て、合同会社・ハリー村に参画。
サカマキ・亮子(さかまき・りょうこ)
高知県いの町在住。2003年京都造形芸術大学卒業後、
結婚を機にハワイ移住し、イラストレーターとして活動開始。
デザインを年間100件受注するプロ。ソフトでキャラクター性豊かなタッチが Twitter界隈で好評を得ているほか、動画編集とイラストを同時にお願いできるデザイナーとしても定評がある。
江渕アツコ(えぶち・あつこ)
高知市在住。食育アドバイザー、発酵食マイスター
自然豊かな土佐の食材を用いて母から受け継いだ料理を基本に、北京在住時に学んだ薬膳料理やマクロビオテックの考え方を取り入れた料理教室、食事会などを主宰。また、食を通して多世代が集まり交流する場としてココロとカラダを育む子ども食堂を運営。 
食の大切さ、楽しさを伝える活動をしている。

社長プロフィール

ハリー様写真

荒牧 国晴(ハリー)。東大法学部を2006年に卒業後、経団連で7年勤務。その後、グローバル人材育成の教育ベンチャーでNo.2、起業支援業を経て、2020年8月に高知日高村に移住。青少年が自分の人生をつくる力を培う学校づくりを開始。2022年3月合同会社ハリー村を設立し、社長に就任。

Mail:info@harry-aramaki.com

ブランドイメージ

cropped-S__12468299.jpg

ハリー村のロゴは、水質日本一の仁淀川を育むここ高知の、温かくも厳しい山並みからのぼる太陽のように、この地から、世界をやさしい場所に変える、たくましい若者が育つことを期待して作成されました。

半農半X体験研修お客様の声

都会生活の偏ったバランスを直せた!


金野多加位さん(東京都、会社員、54歳)


①今回参加しようと思ったきっかけは?


国晴さんの企画に参加したかった。
農業体験、バーベキュー、
高知旅行。


②研修のご感想と得られたもの


地元の方々とご一緒にしめ縄づくり。
本格的な農作業体験を通して普段、簡単に
スーパーで買っているさつまいも1つを収穫するまで
どんなに大変で貴重なものかがわかったと同時に、
綺麗に整いすぎている野菜に疑問をもった。
(国晴さんの畑では)
良質で安全な発酵肥料を利用されていることが嬉しかった。


③この研修はどんな人におすすめだと思いますか?


都心部で忙しく働いているひとは、
バランスが偏っているので、
様々な経験値を踏んだ方が良いと思いました。

新たな自分に飛び出す勇気が出た!

山下佑馬さん(東京都、会社員、38歳)


①今回参加しようと思ったきっかけは?


教育にもともと興味があり、その内容と
今回の内容が合致していた。
単に座学で学よりも、実際に空気に触れ、
体験することが一番重要と考えていたので直接きた。


②研修のご感想と得られたものは?


普段の東京の生活ではまず体験しないことが体験できた(農業、音楽ライブ等)。
自然とつながり、自分自身とつながる。
未知の経験をすることで新たな自分に飛び出す勇気がでた。
3年後の自分を想像するワークでは、すべての条件を取り払って、
自分の可能性を具体的にイメージすることができた。


③この研修はどんな人におすすめだと思いますか?


・まずいろいろとやってみようと思っているけれど、イマイチ勇気がでない方
・自然に触れて、自分の感覚を高めたい方
・都会生活で日々何かに追われている方
・子どもたち全般(→自分たちで考えてやってみる体験が自然の中でできる)

  1. おすすめ

    本当の無私
  2. おすすめ

    敵はどこにいるのか?
  3. おすすめ

    恵まれた会社を辞める方法
  4. おすすめ

    【テレビ高知】ハリー村の畑活ピクニックがテレビで放映されました!
  5. おすすめ

    逆算思考とその場思考
PAGE TOP
PAGE TOP