PROFILE

ハリー荒牧の自己紹介

ハリーです。東大法学部を2006年に卒業後、経団連で7年勤務し退職。IT起業を経て再就職したベンチャーでは最高執行責任者(ナンバー2)となり、3名の会社を20名に、総額7億円の出資をベンチャーキャピタルからいただけるまで会社を成長させる。

が、3年後の上場を目指そうというタイミングで、新幹部から追い落としを食らいショックで歩けなくなる。他人の期待に自分をあわせていたのが原因と気づく。以来、自分軸の人生を歩み、歩ませるため、2018年、個人の起業支援業で独立。事業開始3ヶ月で400万の売上をつくり、初年度の年商も1000万超え。40名以上をプロデュースし、数ヶ月でお給料を超える月商を達成する例を多数つくる。

その実績をもとに、2020年2月、
喜びに生き、愛を与えるために強くなろうとする人たちのビジョン共和国
ヴィヴェ・ジョワイユを建国。初代大統領に就任。

プロフィール

ハリー荒牧 Harry Aramaki
1981年7月6日生 蟹座 B型
ヴィヴェ・ジョワイユ初代大統領
ビジネスプロデューサー、経営・マーケティングコンサルタント
Facebook: kuniharu.ara
Twitter:     @harryaramaki
Youtube:   東大卒起業家Youtuberハリー荒牧のやさしい世界

信念:歓喜して生きる
大事にしている価値観
 ・自らの感性を解放して、創造し続ける
 ・自らの感性・価値観を貫き、表現する覚悟がある
 ・今を生き、いつでも楽しんでいる
 ・他者が自分と異なることを尊重し共感と提示でつながる
 ・他者の幸せを願い、喜ばせる。そのために強くなる
スキル:マーケティング・問題解決・コピーライティング・英語・スピーチ・コミュニケーション、論理的思考力、セールス指導・Web構築 etc…
趣味特技:平日一人登山(渓谷)、神社巡り
映画:今を生きる/LEON
スポーツ:野球歴8年(9歳〜17歳)
ヒーロー:hide(X JAPAN)
神:元karafinaのkeikoさん的なもの
ペット:??

ハリーのビジネスの価値観


■短期的な売上を重視するのではなく、クライアントやビジネスパートナーの長期的な信用のコップを満たしていく結果、大きな売上を得る。
■閉じた世界に最適化された集客や商品ではなく、外部でも絶えず通用するクオリティを目指す。商品重視。本物志向。
■一定の成功モデルに人を合わせるのではなく、その人自身のビジョンを尊重して実現法を模索していく(多様性)
■労働時間を短くしても感動される。生産性重視。
■高単価でも感動される。価値重視。
■あるひとつの方法論に固執するのではなく、自分で考える力をのばす。
■依存関係を生じさせない自立した者同士の関係性。離れたいと想ったときにはお互い、相手のその感覚を尊重できるような関係性・距離感でいる
■翌月の売上が見込める継続収入構築を重視。自然体、自分を大切にできるビジネスを。
■そのひとが情熱を感じることを再重視。
■ツール・方法論よりマインドセット・コミュニケーションを重視。

人を大切にできないなら、そんな仕事辞めてしまえ

仲間との自然な笑顔の写真


人を大切にできないなら、そんな仕事辞めてしまえばいいなんて、結構、過激なことを本気で想ってる理由は、スタートアップで働いていたときの痛恨の想いからです。

2014年にスタートアップに再就職し、昼夜をとわず働いて、早々に最高執行責任者に就任しました。
最初は楽しくやっていたのですが、2016年の秋頃、ベンチャーキャピタルの出資を受けるにいたり、3年後の上場を目指そうとなって雲行きが変わります。

次から次へと降ってくる仕事、
ベンチャーキャピタルからの数値達成のプレッシャー、整理のつかない状態に、私自身も心の余裕をなくしていました。

そんななか、2017年の春頃、
新しく招いた技術幹部の方から
ナンバー2失格宣言をされてしまうのです。

立場的には私のほうが上にもかかわらず私は降格を受け入れ、セカンドプロダクトの事業責任者として働き出すのですが、何を提案しても、その技術幹部の反対にあうので、空回り。ひとり営業で全国を駆け回っていたら、もうわけが分からなくなって、心因性の腰痛で歩けなくなってしまいました。

そうしてまともに働けなくなった私ですが、
後日、私の後任の最高執行責任者の方から
今後の働き方について話し合いをもちたいという連絡があり、待ち合わせのカフェに向かいます。

そのときにこういわれたんです。
「荒牧さんのいまの働き方は普通じゃないですよ」

正直、それまで3年くらい昼夜を問わず働いて、友人まで招き入れて会社を大きくする、そんな「普通」じゃないことをやってきたのに、

こちらが働けない状態になったら「普通」を求められる。そして、それを新しく入社した人間にいわせてしまう会社に憤りを感じました。

と、偉そうにいっていますが、
私自身も、ナンバー2だったときに、数値目標を前に余裕を失い、楽しく仲間と働くことを忘れ、厳しく接していたのです。だから、簡単にひっくり返されてしまったのですね。

いまは恨みとか悲しみなんてものは一切ないのですが、
この経験を通じて、
「普通(水準)」とか「数値」とか、
そういったものを人間に優先させてしまうこと、
それは避けたいと本気で思うようになったのです。

その後、スピーチと出会って人の感性を聴くことを学び、歌と出会って、感性を表現することを学んで想うのは、どのひとの感性も唯一無二、本当に素晴らしいもので大切にしたい、ということです。

そうした経緯があって、
自分をまず満たしているからこそ、人を大切にできる
そんな経営者を増やしたいと想っているのです。

フラットでオープンでいたい

セルフ・プロデュースのハリー誕生祭2019の模様


私はフラットでオープンな関係性を大事にしています。

なぜかというと、そうすることが、
その人を本当の意味で尊重することに
つながるからです。

たとえば、
●●さんの手前、▲▲さんのイベントにいくのは辞めておこう。
とか、そう考えることってありますよね。

そのひとはそのイベントにいきたい!という気持ちがあるのに、
いかせない、という明示的・暗黙的なプレッシャーが存在している
としましょう。

この状態が生むもの、
それはコミュニティの停滞です。

自分の正直な気持ち(楽しさ)で関わっているという前提が崩れると、
義理とか義務とかが先行して、
色々なものが淀んでいってしまうのですね。

だから、私は、
相手の気持ちを尊重してそのまま受け止める。
自分の気持ちもしっかり伝える。
そのうえで、前向きで正直な関係性を築いていく、
ということを心がけているのです。

本当の愛は、
恩讐の彼方にある。

関わりたくて仕方がない、という、
楽しさを前提とした、
オープンでフラットな関係性の中にこそ存在する。
そう信じているのです。

自らを表現する喜びを感じていたい

ハリー少年(小学4年)塾に通い出した頃

私自身が、16歳のときに想ったのは、
X Japanのギタリストhideのようになりたい、
ということでした。

赤い長髪をなびかせて、意味不明なアクションをする
狂人にいっぱつでやられたのです。

ですが、中学受験で勉強を覚え、進学校に通っていた
私には、そういう生き方を選択することはできなかった。

そういう強さがなかったんです。
だから、レールにのって、東京大学に進学して、
安定的な職場にはいって7年働きました。

かつての私のような、
よい子ちゃんな若者ほど、
他人の期待に応えることに、
かけがえのない自分の人生の時間(命)をつかってしまいます。

ですが、人生の意味はなにか、といわれれば、
私は、唯一無二、あなたの胸に潜むその感性を最大限発揮することだと
想うのです。

レールから外れて、
起業をしてから想ったことですが、

自らを表現する喜びというのは、
なにものにも変えられないものだと想います。

もちろん、
趣味などで表現するということもできるので、
起業をすることがすべてではないですが、

自分のビジョンを、価値観を語って、
世の中に表現することほど、面白いことはないです。

「なにをいまさら…」
そんな風に思う必要は全くないのです。
私もいまの事業は37歳からスタートしました。
そこに意思さえあれば、人生100年時代。遅すぎるなんてことはない。
いつからでも自分軸の人生を歩み始めることができます。

みなさんには、
この喜びを感じながら生きてもらいたい、
そう強く願っています。

プロフィール

profile

ハリー大統領。東大法学部を2006年に卒業後、経団連で7年勤務し退職。IT起業を志すも大失敗。再就職したベンチャーではナンバー2となるが、新幹部から追い落としを食らう。他人の期待に自分をあわせていたのが原因と気づく。以来、自分軸の人生を歩み、歩ませるため、2018年、起業支援業で独立。事業開始3ヶ月で400万の売上をつくり、初年度の年商も1000万超えしたほか、40名以上をプロデュースし、数ヶ月でお給料を超える月商を達成する例多数。そうした実績を残した後、

喜びとともに生き、愛を与えるために強くなろうとする人たちのビジョン共和国
“ヴィヴェ・ジョワイユ"の初代大統領に就任。

東大卒起業家Youtuberとして、高校生、大学生に、アフターコロナ後の、自分に優しい生き方を伝えている。
ハリーチャンネル:
は下の赤のyoutubeアイコンをクリック!

X JAPANのhideの大ファンで歌好き。
Email: info@harry-aramaki.com

  1. コミュニケーション法

    絶対、プレゼンはパワポからつくってはいけない
  2. ネタ・雑記

    【新型コロナで現実に?】月10万円ベーシックインカムが私達に与える影響とは?
  3. おすすめ

    個人事業主の確定申告用。おすすめ、クレジットカード・銀行口座・クラウド会計ソフト…
  4. おすすめ

    起業2年目、月1万円でフルサポートで起業をやり直せる〜ヴィヴェ・ジョワイユ〜
  5. コミュニケーション法

    トーストマスターズの活用術について
PAGE TOP