おすすめ

すぐに答えを求めるな!

昨日は

仲間が力を込めてやってる
こども食堂さんに
遊びにいってきました^^

そちらでみんなと
談笑しているなかで、

いつもやってる
大人向けの投資の勉強会ではなくて、
こどもの学習相談みたいなの
をやってくれない?

といわれました。

私はぜひ^^
と答えたのですが、

学習というより、
夢を語れる場、

それを実現するための
知恵を授けるような形で
やりたいです、

とも付け加えました。

どうしてやり方に拘ったのか?

それは、
私が地域おこし協力隊として
高知の小学校の
放課後教室をお手伝い
していたときに感じたことが
背景にあります。

公立の小学校の
放課後教室で
私が一番驚いたこと、
それは、こどもたちが、

「これ教えて!」
とすぐにいうことです。

そしてもっと驚いたのは、
大人のほうも、

「これはこういう字だよ」
とか正解をすぐに教えてた
ことなんですね。

どうもこういうことらしいのです。

①こどもたちはそもそもそれを
なんでやるのかよくわかっていない。

②ここまでやりなさいという
宿題が決まっている

③家ではやらないので、保護者から
放課後教室の時間で終わらせてほしい
というリクエストがある

④はやく外で遊びたいので、
てっとりばやく終わらせたいので、
先生に聞く。

これは、
自分の人生をつくるとか、
そのために学ぶとか、そういうところと
ものすごくかけ離れたサイクルだなあ、

と強く思いました。

これからの教育は、
学ぶための動機からつくる。
そして学ぶときには、

答えを与えるのではなく、
考え方や学び方を教え、

自分でやっていけるようにする。

そちらだと思います。

これは会社でもそうでしたし、
起業しても、大切なことになります。

私の活動はそうした哲学にすべて
のっとったものとなっています。

どうして私が教育を語るのか、
その理由が気になる方は、

私のYouTubeの4本だてのストーリーを
みてみてください。

第一話:我慢強い優等生だった青少年期

https://youtu.be/cYUX59eaaZ0

関連記事

  1. おすすめ

    日本はスパゲッティの国?

    昨日は保健所さんの立ち会いがありまして、キッチンが使…

  2. おすすめ

    悪平等がはびこる理由

    昨日は土佐市高岡のハリー村の畑で畑しごとをしてきました^^な…

  3. おすすめ

    学びのタイミングとは?

    昨日はハリー村本格化ということで、ハリー村のメンバー…

  4. おすすめ

    飯がうまい理由

    今日は日高村能津の耕作放棄地の草引きをしておりました^^草引…

  5. おすすめ

    受験戦争の罠

    夢カフェハリー村として出店してきました^^小学生がおばあちゃ…

  6. おすすめ

    戦争はマスクから起こる

    昨日は高知市の小学校で、小学生へのワクチンに関するチラシを配…

社長プロフィール

e37f7e7a54d1483e5ec2c8dfb27cedc6

荒牧 国晴(ハリー)。東大法学部を2006年に卒業後、経団連で7年勤務。その後、グローバル人材育成の教育ベンチャーでNo.2、起業支援業を経て、2020年8月に高知日高村に移住。青少年が自分の人生をつくる力を培う学校づくりを開始。2022年3月合同会社ハリー村を設立し、社長に就任。

カテゴリー

  1. おすすめ

    プーチンは狂ったか?
  2. おすすめ

    戦争はマスクから起こる
  3. おすすめ

    リアルな背中をみせたい
  4. おすすめ

    飯がうまい理由
  5. おすすめ

    苦しくなるリーダーは先回り型
PAGE TOP
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。