おすすめ

所有権と責任の乖離

昨日は、
先日仲良くなったAさんに、
ハリー村の拠点の一つに
したらいい、と、
ご自身が管理されてる
山を見せてもらってきました。

そこの山というのは、
なんでも哲学者の方が
奥様の支援のもとに、

栗やらすももやらの木を植えて、
炭を焼いたり、
小屋をつくったり、
遊んでいたところということで、

ふきとか山菜はとれるし、
本当に素敵なところでした^^

そのご夫妻は
もうとっくにお亡くなりに
なられてる、ということですが、

それがなんで
そういう状態で保たれているか、
というと、

Aさんが管理を引き受けてる
からなんですよね。

それで、思ったこと、
それは、

土地というのは持っている以上は、
そこをきちんとする責任がある、

という
しごく当たり前のことでした。

この点を
いまの日本人というのは
忘れてしまっているのではないか?
そう思います。

というのも、
田舎の方には、

その土地を離れて
都市部にいってしまった
ひとたちがたくさんいて、

“所有権”があるから、
というだけで、

自分たちの勝手、という
ひとたちがたくさん
いるからなのですね。

それで起こっていることは、

草や木がのびすぎて
近隣が迷惑している、

ということだったり、

杉などが大きくなって、
日当たりがわるくなったり、

空き家が崩壊していたり、

山をけずって
太陽光パネルにかえて、

山自体の保水力
が激減していたり、

そういうことが
起こっています。

法律上の権利ばかりを
前面にだして、

権利があるから
どう使おうが自分の勝手、

そんな考え方は、
そろそろ
見直していった方が
いいかもしれません。

関連記事

  1. おすすめ

    正義感の危険性

    昨日ははりまや橋商店街の熱いおんちゃんのところで、自分のビジ…

  2. おすすめ

    すぐに答えを求めるな!

    昨日は仲間が力を込めてやってるこども食堂さんに遊びに…

  3. おすすめ

    【第4回】畑活ピクニック2022年1月レポート

    1月16日に開催された、第4回畑活ピクニックのテーマは、竹でご飯を炊…

  4. おすすめ

    起業ではインプットはアウトプットより後

    私がちょうど会社員をやめて、退職金を切り崩して、“起業準備"…

  5. おすすめ

    苦しくなるリーダーは先回り型

    昨日は今週金曜日に出店する、夢カフェ・ハリー村の作戦会議&買…

  6. おすすめ

    市役所に就職します

    一昨日は、地方創生をすすめる、Japan Chall…

社長プロフィール

スクリーンショット 2022-07-12 20.49.50

荒牧 国晴(ハリー)。東大法学部を2006年に卒業後、経団連で7年勤務。その後、グローバル人材育成の教育ベンチャーでNo.2、起業支援業を経て、2020年8月に高知日高村に移住。青少年が自分の人生をつくる力を培う学校づくりを開始。2022年3月合同会社ハリー村を設立し、社長に就任。

カテゴリー

  1. おすすめ

    人を惹きつける最大のポイントとは?
  2. おすすめ

    【第4回】畑活ピクニック2022年1月レポート
  3. おすすめ

    受験戦争の罠
  4. おすすめ

    アート性がでてしまう笑
  5. おすすめ

    不思議な会社
PAGE TOP
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。