ネタ・雑記

新型コロナ・ホリエモンチャンネルのハリー大統領による解説(前編)

ホリエモンチャンネルに3月18日アップロードされた、米国の研究機関 National Institute of Healthで活躍されてる峰宗太郎さんへの新型コロナに関するインタビューが非常に、みなさんが社会や新型コロナへの対応を考える上で有意義な内容だったので、そちらに私なりの解説を加える形で共有するのが趣旨です。

特に、非常にいいコンテンツであっても、動画であるために、なかなか時間をとってしっかり視聴できない、という方も多いと思ったので、著作権法の引用という形で、シェアさせていただいています。

もし、当事者の方々から著作権的に取り下げてほしいということがあれば、すぐ取り下げるつもりです。

Q1)新型コロナウイルスは既存のコロナウイルスとどこが違うのか?

峰宗太郎先生:

コロナウイルスは通常知られているのは4種類。
それ以外に2種類重い病気を引き起こすものがある。
ひとつはサーズ。
もうひとつはマーズ。中東でたまに流行るもの。

今回の新型コロナは、
正式名称は、サーズコロナウイルス2とされた。
サーズに遺伝子の情報が非常によく似ている

風邪のコロナウイルスとは結構、
遺伝子的距離は離れている。

表面に出ているタンパク質の種類がサーズによく似ていて、
人間の喉や肺に親和性が高い。
なので、細胞に入りやすい。

病毒性、
つまり、どのくらい毒性があるかに関しても、
風邪は上気道だけで増えることが多く、
肺にあまり入らないが、
今回のウイルスはかなり肺のほうでも増殖するから、
ウイルスそのものがもっている毒性が
やや高いというところに特徴
があるように思う。

(今回の新型コロナウイルスは、)性質としては、
サーズと風邪のウイルスのちょっと合間くらいのところがある。

つまり、
広まりやすさが風邪やインフルに近く高い。
そういう意味ではサーズのように結構な病毒性があり、
風邪のように広がりやすいという、
コンビネーションがあるような、
中間的な位置づけができる
かと思います。

Youtube ホリエモンチャンネル 
新型コロナウイルスについて専門家に質問しました(前編)2020/3/18upload
https://www.youtube.com/watch?v=xDBtQCQ6fWk
ハリー大統領の私見

ざっくりゆうと、
サーズくらいの重さで、風邪やインフル並の広がりやすさ、
ということですね。

新型コロナの病毒性については、実際にどうなるか、という情報があまりにも不足していました。

が、最近、お知り合いではないのですが、私のFacebook周辺の40代の男性で、勇気ある方がSNSで経過をレポートしていただいていて、ようやくリアルにしれました。
それなりに大変なようです。

そういった点を踏まえて
行動することが大切になってくると思います。

渡辺さんのFacebook↓
https://www.facebook.com/issey.watanabe

Q2)今回の新型コロナは、こどもは重症化しないのに高齢者は重症化するようにみえるが、そういうことはありうるのか?

峰宗太郎先生

ありえます。
論文でも報告でも
高齢者と基礎疾患のある方が重症化しているが、
こどもは感染しているようだが、重症化はしていない
その理由は全くわかっていない。

ウイルス学的にも違いがあるかもわからないし、
どういう原因でこどもが軽い症状で済んでいるかも
わからない。

インタビュアー:
実際にそういう状況が発生していることはたしか?

はい、状態としてはたしかです。

Youtube ホリエモンチャンネル 
新型コロナウイルスについて専門家に質問しました(前編)2020/3/18upload
https://www.youtube.com/watch?v=xDBtQCQ6fWk
ハリー大統領の私見

この情報自体が、3月18日時点のものなので、
最新状況に対する専門家のレビューを期待したいですが、

少なくとも、その時点では、
お子さんが重篤化する可能性は低めというのは
喜ばしいニュースですね。

高齢者とこどもで症状に差がでることの理由はわからない、
ということですが、
そうなんだーという受け止めで良いと思います。

わからないものはわからないと、
受け止める、そういう鈍感力が大切な時代です。

ただ、お子さんが感染したまま元気、ということもあるので、
お子さんから高齢者、
という流れはありうる点には注意したいですね。

Q3)これが原因じゃないかと想像つくところはあるか?

峰宗太郎先生:

重症化した人が多いのが高齢者。
免疫の状態が関係している可能性はあると想います。

子供のほうがかかりやすい病気もあれば、
大人のほうがかかりやすい病気ももちろん昔からあるわけで、
その一番大きい違いは免疫の状態

水疱瘡はこどもがかかると結構ばーっと湿疹がでるが、
大人だと熱がでたり、違ったりする。

りんご病。
こどもはほっぺ赤くなるだけで済むが、
大人は結構重症化して入院することもある。

身体とウイルスの反応性の違いに影響
されているところがあるので、

新型コロナウイルスに関しても
免疫の反応の仕方が違う可能性は
あるかなと想っています。

インタビュアー:そのあたりに治療薬や症状を軽くする薬のヒントがあるのでしょうか?

そうですね、出てくる可能性はありますね。

Youtube ホリエモンチャンネル 
新型コロナウイルスについて専門家に質問しました(前編)2020/3/18upload
https://www.youtube.com/watch?v=xDBtQCQ6fWk
ハリー大統領の私見

ここでいわれているのは、
要は重症化するかしないかをわけるのは
自分の身体の免疫力という本質だと思います。

このインタビューのお相手が西洋医療の
研究者・科学者の方なのもあるのでしょうが、

免疫力を高める”治療薬”が生まれる可能性
という話になっているのが、
科学や効率性を重視する発言を繰り返してる、
いかにもホリエモンさんらしいな、

と思いました。

Q4)サーズやマーズがはやったときに治療薬というのは作られているのか?

峰宗太郎先生:

今回コロナウイルスに対して、
たくさん治療薬の検査・試験がはじまっている。
ゼロからつくるのではなく、多くはスイッチといって、
これまで開発されている薬の用途をかえて効くかどうか、
試している。

サーズのときもそうだったが、
ウイルスというのは結構、
共通でもっている仕組みがある。

自分自身をふやす部品が似ていたりする。

なので、
HIVエイズを抑える薬など、
すでに開発されていた薬が効くかというような、
そういう試験はサーズのときにもしていた。

候補薬が結構あったこと、
サーズは2003年にかなりおさまったので、
言い方はあれだが人体実験ができていない。
症例がなかったものですから。

マーズのほうはいまだに症例がでている状況ですので、
少しそういう試験がされていたんです。
それまでも。

そこで知られていたちょっと効果がある薬を
今回は積極的にとりいれて、

これはサイエンスの最先端だが、
今回のウイルス自身を増やす部品である、
タンパク質の形はすぐに決められた


3次元の構造解析をした。
そうすると薬がどういう風に
その酵素にあてはまるかが、

かなり早い段階で
コンピューターシミュレーションでわかりまして、
実際にそのシミュレーションででてきた候補を、
試験管の中で実験をして、
これが効きそうという候補のリスト化も、
すぐにされた


これは中国の仕事が早かった。

なので、
そういうものをつかって、
いま中国で臨床試験が進んでいるので、
スイッチするという意味で、
薬の検討はかなり早く進んでいるといえる


インタビュアー:
たとえば、インフルエンザワクチンが開発されたときとは状況が違うということ?


そうですね、
まずそのウイルス自体の情報設計図である
ゲノムを読み込む速度がこの10年で
テクノロジーの進化によってもそれこそ100倍、
1000倍の速度になっている。

かつ、サーズに似ていたので、
その類推や、コンピューターパワーがあがっている、
シミュレーションの技術もあがっていますので、
すぐにそういった情報がでた。
そういう意味ではすごい進歩だと思います。

Youtube ホリエモンチャンネル 
新型コロナウイルスについて専門家に質問しました(前編)2020/3/18upload
https://www.youtube.com/watch?v=xDBtQCQ6fWk
ハリー大統領の私見

ここも、科学の進歩のお話ですね。
ウイルスを攻撃するワクチンの開発スピードを
コンピューターによって高めてきた
という、情報になります。

たしかに、
それによって救われる命が増えるので、
喜ばしいと思うのですが、

その一方で私がお伝えしなくてはならないのは、
こういう西洋思想に基盤をおく、
”自然という敵の克服”
は2つの意味で我々を苦しめることになる
だろうということです。

ひとつは、
自然という敵を克服するという思想では、
いつまでも自然と戦争を続けないといけない
ということです。
ウイルスの変異などはコントロールできるはずもないですから、
その消耗戦に人類は疲れ果てていってしまうでしょう。

もうひとつは、
西洋思想は自意識を高め続けますから、
自分や家族の生命を守るための行動が
エスカレートしていきます。

その結果、
社会の、”安全でないもの”に対する
許容度が低くなってしまう。

つまりは、
自らの自由すらも、気がつけば
奪われていた、ということになってしまうのです。

ですから、
科学でウイルスへの対抗がしやすくなってる、
だから、私達の社会によいことだ!
と短絡的に考えてほしくはないな、
ということです。

Q5)重症化した患者を人工呼吸器などで救えると致死率は上がらないと思えるのだが、どうか?

峰宗太郎先生:

私自身、治療する医者ではないので、
又聞きだったり情報を集めているが、
多くは重症化した場合でも、
行える治療は肺炎に対する支持療法
という支える力です。

呼吸が苦しくなったら、
まず酸素投与。
それが無理ならヨウ圧をかけて、肺をふくらませる。

それから、
気管挿管をして人工呼吸器。

それでも効かない場合は、
“体外肺”といって、人工心肺。

心臓の部分はないのですが、
肺の呼吸器を機械に置き換えてしまう、
“エクモ”というものを使う。

そういったものを
どこまで活用できるかは
医療機関や国によって差がある


日本の場合でも
“エクモ”をつかえる病院はもちろん、
たくさん普段はあるが、

感染症という状況でこの”エクモ”をまわせる医師、
看護師という人材と機械、
それから感染症対応のICの部屋、
そういったリソースを考えると
武漢という大都市といえども、
決してそれは多くなかった
と考えられる。

インタビュアー:日本全体でどれくらいそういう病院があるのか?

数として私もわからないが、
都内でも”エクモ”をすぐに回せた病院は、
大学病院で2,3個
です。
“エクモ”までいっぺんにいけたのはそのくらい。

もちろん、
各医療機関でキャパシティをあげる努力はするが、
一朝一夕にひとが増えるわけではない。


インタビュアー:たとえば、インフルも肺炎になる。インフル肺炎で肺が機能しなくなって、人工心肺を使うことはこれまでもあったのですか?

かなりの重症になった方では
適用としてはある。

“エクモ”の適用は難しく、
なんとか人工呼吸器までで頑張ろうとすることが多い

本当の緊急事態、
本当の最重症の方向けに使うものですから。

そういう方が同時に多発で発生すると
医療のキャパシティは一気に超える
と。

武漢ではそういう状況があったんじゃないかと
想像できる。

Youtube ホリエモンチャンネル 
新型コロナウイルスについて専門家に質問しました(前編)2020/3/18upload
https://www.youtube.com/watch?v=xDBtQCQ6fWk
ハリー大統領の私見

こちらも一緒です。

一人ひとりの命はたしかに大事です。
私は一人ひとりの命を輝かすことをミッションに
活動しているくらいです。

ですが、そのことと、
よく生きる上で
限界を知ること、
運命を受け入れることの大切さは
また別の話です。

先程いったとおり、
今の社会は自意識モンスターの集合体
といっても過言では有りません。
死生観があまりにも乏しい社会です。

運命を受け入れないので、
弱きものを助けるという、
一見もっともらしい論理に支配されています。

ですが、
そのことで失われているものがあることを
忘れてはいけません。

美しく生き、美しく死ぬ、
そのことをゴールにしなければ、

一見よわいとされているひとたちに
すべてが引っ張られてしまって、

なにもかもが、難しい状況になってしまいます。
ここでいえば、
エクモまで全員に使う、という前提は、
さすがに無理がある、その感覚をもっていてもらいたい
と想います。

Q6)インフルエンザでなくなる方は毎年多い。日本でも何千人クラスで起こっている。それはどういう状況で亡くなっているのか?

峰宗太郎先生:

インフルでなくなる方は高齢者の方が多い。
高齢者は余力といって身体のキャパシティ、
残っている力が少ないので、

肺炎になってしまったら若い人であれば
なんとか人工呼吸にいかなくてもつようなときでも、
いっきに人工呼吸器にはいってしまって、

人工呼吸器はあくまでも一過性で
呼吸を助けているだけなものですから、
自分の体が改善してくれなくてはいけない。

ですが、
持ち上がらないと我々はよくいいますが、
肺の状態が改善せずに、
そのまま人工呼吸器依存になって
二次感染を起こして亡くなってしまったりする。

二次感染というのは、
違う菌が入ったりすることがある。

人工呼吸器は外から無理やり
空気を押し込んでいるので、
バイキンもおしこまれる。

肺炎がかぶさってしまってインフル肺炎にくわえて、
細菌性肺炎を起こすことがよくある。

全身状態が悪くなって点滴だけになる。
人工呼吸器だと食事できないので。

そうすると全身の免疫状態が一気に悪くなる。
全身感染症をおこしたり、
臓器が不全になったりと
結構ボロボロになる。

インタビュアー:そういう状況は結構な数
毎年生じているってことですか?


そうですね、特に高齢の方にはよく生じています。

インタビュアー:高齢の方が今回新型コロナで
亡くなられる状況はすごくインフル肺炎に似ている
ということですか?


そうですね、今回のウイルスは若干その数が多い、割合が多いと想っていただければいいのかなという感じですよね。

インタビュアー:つまり、そのインフルよりもその割合が多いんじゃないかと。

そうですね、いまのところ。

インタビュアー:そういう状況になりやすいから医療崩壊を起こしやすいということですか?

そうですね、特に今回は、
インフルとまあ同じくらいの感染力があると考えられるので、
なおかつ、
おそらく重症化率がインフルよりわずかに高いんですよね。

そうすると、
同じくらい広がってしまうと医療に与える重症化の割合も
当然あがりますので、数が。
そうするとキャパシティにすごく影響を与えかねない
という問題がでてきますね。

Youtube ホリエモンチャンネル 
新型コロナウイルスについて専門家に質問しました(前編)2020/3/18upload
https://www.youtube.com/watch?v=xDBtQCQ6fWk
ハリー大統領の私見

あまり知られていなかった、
インフルで高齢者が亡くなられるケースの
医療対応がしれてよかったと想います。

これをしれたことによって、
今回の新型コロナに関しても、

高齢者の場合、
なってしまったあとの対処療法ではなかなか
難しいこと。

それ以前の、免疫力を高めて予防することの大切さを
改めて認識できたと想います。

科学的な証明が難しいことだから、
なかなかそうだよね、といっていただけないかもしれませんが、

私は強気であることが
一番の免疫力を高める特効薬だと想っています。

Q7)一回コロナにかかった方が回復しても、再感染したんじゃないかという話があるが、この信ぴょう性については?

峰宗太郎先生:

再感染より再燃を疑っている

再感染というのは一度、
完全に身体からウイルスが消えたあとに、
また違うひとからウイルスが飛んでくる、
そういう状況。

そうではなくて、
いちどウイルス量が体の中でどーんと減る。
つまりかなり免疫によって抑え込まれて症状も消える。

そのときにPCRなりの検査をすると、
ウイルス量が少ないので検知されない。

つまり、偽陰性になると。

ところが、
あとからまだのこっていたウイルスが
もう一度増え始めて再燃するというケースは
ありうると想います。

これは風邪のぶりかえしもあるし、
胃腸炎でも二峰性といって、
1回めに大きい下痢がきて、
ちょっとおさまっていたのがまたなるとか。
その可能性はあると思う。

Youtube ホリエモンチャンネル 
新型コロナウイルスについて専門家に質問しました(前編)2020/3/18upload
https://www.youtube.com/watch?v=xDBtQCQ6fWk
ハリー大統領の私見

これは非常に的確な分析だと想います。

元気だけど
ウイルスは残っているわけです。

完治と病気、という二元論ではなく、
グラデュエーションなわけですよね?

とすれば、
いつまでも、
一度かかった人と接しない、
仕事をしない、なんて馬鹿げていますよね。

要は今回のウイルスも、
そういうものとして、
その方とも自然に接していける社会を作っていきたい、
ということです。過剰反応するのではなくて。

自らの免疫力を高めて、移されても大丈夫だという
くらいで外にでる。
そうやって社会に貢献していく。

もし自分の免疫や回復力に
自信がないのなら、自分で気をつける。

そうやっていかないと、
社会全体が縮こまっていってしまう、
そのことが一番気になっています。

Q8)新型コロナは、いまの季節性インフルのようにわりと定常的に、いつも誰かがかかってしまうウイルスとなり、その変異に応じてワクチンを打って備えるということになるのだろうか?

峰宗太郎先生:

実はコロナウイルスもインフルも、
ゲノム情報がRNAに書き込まれている。

人間のDNAとちがって、
RNAはエラーが起こりやすいので、
変異はすごくしやすい。

二重らせんじゃなくて一重だから、
エラー訂正がされない。

インタビュアー:DNAは二重らせんだから片方にエラーが生じても、もう片方とのマッチングで補正されやすい?

そうです。はい。
なので、非常に変異は多い。
RNAが結構問題になってくるが、
変異が多い部分としては、
一番大事なのは、
ウイルスの表面の突起がある。
その部分がワクチンの標的になる。

つまり、
ワクチンはそこを攻撃することで
細胞にはいらないようにするのですが、
そこがどのくらい変異しやすいかが非常に重要になる。

インフルの場合は
その突起が二種類あって片方が、
ワクチンのターゲットなんですが、
そこがホットスポットといって
変異しやすい部位としてしられている。

そこがワクチンのターゲットにしやすい部分なので、
ヘッドといって突起に頭があるが、
そこに対するワクチンがインフルでは用いられているが、
そこはすごい勢いで変異するので、
ワクチンがあたらないことが多い。

なので、
いまストークという茎の部分に対する
ワクチンの開発が世界中で進んでいて、
こうするとあまり変異がないだろうといわれている。

それに対して、
コロナウイルスの突起というのは、
変異はインフルよりマシと言われている


ワクチンを一度開発すると、
サーズのときも変異は少なかったというのがわかっているので、インフルよりは有効になる可能性
がありますね。

インタビュアー:一ワクチンをうつと、わりと免疫力が維持されやすいのかな?

そうですね、
ワクチンが効きやすいものが
開発できる可能性があります。

Youtube ホリエモンチャンネル 
新型コロナウイルスについて専門家に質問しました(前編)2020/3/18upload
https://www.youtube.com/watch?v=xDBtQCQ6fWk
ハリー大統領の私見

一番のポイントとしては、
今回の新型コロナは、
ひとたびワクチンが開発されれば、
それはかなり持続的な効果をもちそうだ、ということで、
それは非常に素晴らしいことだなと想いました。

一方で、
インタビューにお答えになった方が、科学者の方なので、
非常に科学的な視点からの解説になっていると想います。

変異に対してどう対応するか、
というのが関心事であるのがよくわかります。

なるほど、
茎、ストーク部分にアプローチすれば、
インフルエンザすら、克服していけるかもしれませんね。

ですが、私が感じるのは、
この戦いはいったいいつまで続くのだろうか、
ということです。

ウイルスに対する社会的受容をさげて、
薬やワクチンに対する社会的需要をあげる。
気がつけばなんのための開発かよくわからなくなっている。

そういったことは、
資本主義や欧米型のマーケティングとからまる形で
事実起こっていると想いますし、もっと起こっていく
可能性が十分あることを忘れてはならないと思います。

科学者であればこそ、
議論のスコープを
自然の克服に留めるのではなく、

哲学や思想にまで触れていく必要性が
あると想います。

このインタビューの範囲ではわかりませんので、
この方がそうだといっているわけではないことは、
改めて念押しさせていただきます。

むしろ、こうした情報をニュートラルに
ご自身のリスクをとって発信された峰先生の勇気と、
こういう情報をひろめようと企画されたホリエモンさんに
深く、感謝いたします。


関連記事

  1. ネタ・雑記

    新型コロナ・ホリエモンチャンネルのハリー大統領による解説(後編)

    ホリエモンチャンネルに3月18日アップロードされた、米国の研究機関 …

  2. ネタ・雑記

    人気Youtube”年収チャンネル”に感じた息苦しさ

    ギャロップ社の調査の衝撃2017年の頃ですね、米国の調査会社…

  3. ネタ・雑記

    コロナ後の世界予測!元経団連・東大卒起業家Youtuberが抱く国家ビジョンとは?

    今日は私のビジョンを伝えます。私のビジョンは、「人にも自然にもやさし…

  4. ネタ・雑記

    新型コロナで失業!?年商1200万の個人ビジネスをつくるリアルがわかる連載①

    なぜ自分の起業経験を語るのか?はじめまして。みんなのビジョン…

  5. ネタ・雑記

    新型コロナで失業!? 年商1200万の個人ビジネスをつくるリアルがわかるストーリー②

    この記事は、昨今新型コロナの影響でご自身の仕事一本に頼っているのが不…

  6. 政府の行動メカニズム

    ネタ・雑記

    東大卒起業家が解説!今後の新型コロナへの政府の行動予測を全公開!

    政府の対応方針今回の新型コロナウイルス(武漢かぜ)の対応につ…

プロフィール

profile

ハリー大統領。東大法学部を2006年に卒業後、経団連で7年勤務し退職。IT起業を志すも大失敗。再就職したベンチャーではナンバー2となるが、新幹部から追い落としを食らう。他人の期待に自分をあわせていたのが原因と気づく。以来、自分軸の人生を歩み、歩ませるため、2018年、起業支援業で独立。事業開始3ヶ月で400万の売上をつくり、初年度の年商も1000万超えしたほか、40名以上をプロデュースし、数ヶ月でお給料を超える月商を達成する例多数。そうした実績を残した後、

喜びとともに生き、愛を与えるために強くなろうとする人たちのビジョン共和国
“ヴィヴェ・ジョワイユ"の初代大統領に就任。

東大卒起業家Youtuberとして、高校生、大学生に、アフターコロナ後の、自分に優しい生き方を伝えている。
ハリーチャンネル:
は下の赤のyoutubeアイコンをクリック!

X JAPANのhideの大ファンで歌好き。
Email: info@harry-aramaki.com

Twitter でフォロー

  1. おすすめ

    個人事業主の確定申告用。おすすめ、クレジットカード・銀行口座・クラウド会計ソフト…
  2. ネタ・雑記

    【新型コロナで現実に?】月10万円ベーシックインカムが私達に与える影響とは?
  3. ネタ・雑記

    新型コロナでイベント中止一色の怪(ハリー大統領令1号)
  4. 実績報告

    グルグル考えるばかりの39歳女性が起業3ヶ月めに月商30万を達成した事例
  5. おすすめ

    Base,Stores.jp,Paypal。簡易ネットショップ・EC開設3選の比…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。