インタビュー

1日1度の食事を変えるだけで運が拓けるたった1つの理由〜開運美人力〜

カノン小林さんとハリー。

90%の生徒が希望の小・中学校に合格する塾があるとしたら、どうだろう?
そんなのありえない!
なにかいんちきがあるはずだ!

そんな風に思うかもしれませんが、
正真正銘、25年前まで、
千葉にそんな塾が実在していたのです。

それは、
現在「開運美人力養成講座」を主宰する
開運美人力マスターのカノン小林さんがやっていた塾です。

その高い合格率の秘密、
知りたくないですか?

それ実は、、
「正しい食」だったのです。

カノンさんはご自身が経営する塾の生徒たちのお母さん方を
集め、こういいつけたといいます。

「子どもを塾にやるまでに、マックを食べさせマックシェイク
そんなことは絶対厳禁!!かわりにおむすびやふかし芋を与えなさい!!」

そうして、これまででも80%の合格率を誇っていた塾が、
さらに合格率をあげ、90%にまでなったのです。

そんなカノンさんは、いま74歳。
彼女がいまみている未来ビジョンは、
能の衣装のような真っ赤の着物をきて、
ニコニコしたお母さんたち400人の前で、
特に頑張った方々を表彰している、
そんな光景です。

そうして、
「ああ、これでもう日本は大丈夫だ」、
そう安心している自分です。

70歳半ばになっても、お母様の介護をしながら、
「正しい食」を広めようと起業をされている。

どうしてそのような情熱があるのか、
不思議に思いませんか?

ここで、その情熱のヒントを求めて、
カノンさんの半生を振り返る旅にでるとしましょう。

母方の祖父が、薩摩藩の筆頭家老であったというカノンさん。
お父様が神主を目指されていたということもあって、
小さいころから神棚があるなど、神さまがいると感じて育ったそうです。

いまは食をメインに活動されているカノンさんですが、
意外や意外、27歳から60歳まで
幼児教育の会社を経営されていたといいます。

ときは高度経済成長期。
千葉には集合住宅が軒並みできる一方、本当の教育ができる
学習塾は少なく、とにかく儲かった!

しかし、仕事があまりに忙しく、
頭がいっぱいでストレスフル。
40歳になるころ、そんな状況を改めようと通った
フィットネスクラブが転機となります。

もともとは走るのも嫌いなひとのはずが、
生来の頑張り屋さんだからなのでしょうか。
走ることにはまってしまい、40代には9回も
ホノルルマラソンを走ったといいます。

「もっともっと早く走れるようになりたい!」

そんな想いをもっていたカノンさんは、
ちょうどホノルルマラソンからの帰りの飛行機で同席した、
フィットネスクラブの米国人コーチに
こう尋ねました。

「どうしたら私、もっと早く走れるようになりますか?」

するとそのコーチ、おもむろに紙を取り出して、
なれない漢字を2文字書いたといいます。

「正食」

そのコーチに教えてもらった
日本CI協会の電話番号を104で探り当て、
会社を経営しながら料理教室に通ってすぐに
助手にまでなってしまったというのだから、
驚きですね^^

そんなある日、カノンさんの目に、
日本CI協会が告知していた、とある講演会が飛び込んできます。

「クシミチオ講演会」

なんだろうと覗いてみると、
そのあまりに理路整然と
正しい食について語る姿に、内容に、
圧倒されたといいます。

びっくり仰天したカノンさん。
ここでも素晴らしい行動力で、
クシミチオさんの拠点のある
アメリカに一路、飛んでしまいます。

ハリウッドの俳優・政治家・経済界のリーダーの健康相談にのり、
マクロビオティックの料理人を派遣している
クシインスティテュートで合計4年。

日本とアメリカを行き来しながら通ったカノンさん。
アジア第1号の、International Teacherにもなります。

そうしてプログラムを終え帰国し、
もといた日本C I協会・リマクッキングスクールで
講師になったカノンさん。

ちょうど1995年ころからの
マクロビオティックブームにのって、
協会でも主任講師となるなど50代は大変忙しく
過ごされていたようです。

ところが、年齢が深まるにつれて、
最高の健康方法であるはずのマクロビオティックを
取り入れている先生方、先輩方が、
突然がんになったり、
亡くなられたりする話を耳にするようになります。

「あんなに健康に気をつけている方々が?」
「なにかがおかしい!?」

そう想ったカノンさんは、
69歳で大学院に通い始めるなど、
それがなぜなのかを調べ始めます。
そのエネルギーたるやすごいですね^^

そうして
カノンさんが導き出したひとつの仮説、
それは、

「病気になるのは、感じ方とそれに基づく発想の仕方が良くない人。
ニコニコしていないのが原因」というもの。

その仮説から、いま彼女は、
”感謝”というマインドセットからの”正しい食”を伝えられている
のです。

さて、読者の皆様、
ここで、カノンさんの半生を振り返る
旅はおしまいです。

どうでしたか?彼女の情熱の源について、
なにか気づきがありましたか??

私が面白いな、と思ったのは、
最初は、子どもの頭をよくしよう、というつもりで
こどもたちの食を整える実験がたまたまヒットした。

次に、速く走れるようになりたいという自分の欲求で
ここでも食にぶつかった。

そして最後に、
米国流で壁にぶつかった先輩方からヒントを得て、
日本的な食の正しさ、幼少期の神さまの世界、
”感謝”の大切さに戻ってこられた。

人生の節目節目で、ヒントを得る対象は変わりながらも
一貫して、食の大切さに向き合われてることです。

お母さん方の食への認識を変え、
将来の子どもたちが
・脳力を発揮し、
・カラダの力を高め、
・感謝でいろんなものとつながって、
愛を与えるために長生きをしてほしい、

そんな熱い想いを私は感じ取ったのでした。

こんな愛にあふれる
カノンさんのサービスを詳しく知りたい方は、
開運美人力養成講座 主宰 カノン小林さんのメルマガに登録して、
無料小冊子「10日間で運が舞い込む食べ方実践法」をチェック!!
https://kaiun-meshi.com/pdfreport?harry

ものすごい本質的なことをお書きになっています。

喜びとともに生き、
愛を与えるために
強くなろうとするひとたちの
ビジョン共和国・大統領
ハリー荒牧でした。

関連記事

  1. インタビュー

    焼き菓子業界で社会貢献、世界一を目指す!金のマドレーヌ工場長・松本かなさん

    朝から晩まで分刻みのスケジュール。そのエネルギーは一体どこからくるの…

  2. インタビュー

    全盲の学生起業家・加藤健太郎さんを迎えてYouTubeライブやります!5/5火 21-22時

    全盲の学生起業家、加藤さんは、全盲でありながらビジネスプロデューサー…

プロフィール

profile

ハリー大統領。東大法学部を2006年に卒業後、経団連で7年勤務し退職。IT起業を志すも大失敗。再就職したベンチャーではナンバー2となるが、新幹部から追い落としを食らう。他人の期待に自分をあわせていたのが原因と気づく。以来、自分軸の人生を歩み、歩ませるため、2018年、起業支援業で独立。事業開始3ヶ月で400万の売上をつくり、初年度の年商も1000万超えしたほか、40名以上をプロデュースし、数ヶ月でお給料を超える月商を達成する例多数。そうした実績を残した後、

喜びとともに生き、愛を与えるために強くなろうとする人たちのビジョン共和国
“ヴィヴェ・ジョワイユ"の初代大統領に就任。

東大卒起業家Youtuberとして、高校生、大学生に、アフターコロナ後の、自分に優しい生き方を伝えている。
ハリーチャンネル:
は下の赤のyoutubeアイコンをクリック!

X JAPANのhideの大ファンで歌好き。
Email: info@harry-aramaki.com

Twitter でフォロー

  1. コミュニケーション法

    絶対、プレゼンはパワポからつくってはいけない
  2. ネタ・雑記

    コロナ後の世界予測!元経団連・東大卒起業家Youtuberが抱く国家ビジョンとは…
  3. ネタ・雑記

    【新型コロナで現実に?】月10万円ベーシックインカムが私達に与える影響とは?
  4. ネタ・雑記

    人気Youtube”年収チャンネル”に感じた息苦しさ
  5. 政府の行動メカニズム

    ネタ・雑記

    東大卒起業家が解説!今後の新型コロナへの政府の行動予測を全公開!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。