コミュニケーション法

絶対、プレゼンはパワポからつくってはいけない

世間一般的には、プレゼンはパワポでやるから、
そのスライドをつくっていって、それに話をのせる、
あるいは、同時につくっていく、ということが多いと思う。

コンサルなどの経験者であれば、
スライドごとのタイトルをより緻密に具体的な表現として用意し、
スライドごとにある程度どのような内容となるか、ホワイトボード
などに描写してから、スライドづくりにはいるかもしれない。

だが、いずれもスライドを重視しすぎている。
実際問題、スライドは従で、話しが主役であるはずなのだ。

そのことに気がついたのは、
先日、私自身がこれからやろうとしていることの
事業内容をプレゼンテーションする機会があったからだった。

当初私は、ビジネス現場の慣習よろしく、
スライドをまず作成してみて、予行練習のプレゼンをしてみたのだが、
どうにも話が面白くならない。

聴いてくれた方の反応もいまいちであった。

また、非常に、事実やロジック的に偏ったプレゼンテーションになってしまい、
思いや感情が伝わりにくいという事実に衝撃を受けた。

そこで私は一切をみなおし、
スピーチの原稿を0から創ってみることにし、一字一句文字にして、
その原稿にのせて、必要最小限のスライドを補助的につけるやり方を試してみる
ことにした。

すると、どうだろう。

たしかに、一字一句原稿にすることは骨の折れる仕事だが、
その分、なぜ自分がこれを述べるのか、
あるいは、パートとパートのつながりがうまくいっているか、
といった点に配慮したプレゼンとなるので、
事実やロジックとともに、きちんと思いや感情が伝わるプレゼン内容になったのである。
おかげで、私の事業プレゼンは大成功であった。

スライドは従で、スピーチが主。

日本人はスピーチの機会がとても少ないので、
ストーリーテリングが軽視されている嫌いがあるが、
この順番が、何よりも重要なことだと感じた。

みなさんもぜひ、
一字一句原稿をつくってから、スライドをつくってみてはどうだろうか。

関連記事

  1. コミュニケーション法

    トーストマスターズの活用術について

    トーストマスターズというのは、アメリカで設立されたNPOで、W…

プロフィール

profile

ハリー大統領。東大法学部を2006年に卒業後、経団連で7年勤務し退職。IT起業を志すも大失敗。再就職したベンチャーではナンバー2となるが、新幹部から追い落としを食らう。他人の期待に自分をあわせていたのが原因と気づく。以来、自分軸の人生を歩み、歩ませるため、2018年、起業支援業で独立。事業開始3ヶ月で400万の売上をつくり、初年度の年商も1000万超えしたほか、40名以上をプロデュースし、数ヶ月でお給料を超える月商を達成する例多数。そうした実績を残した後、

喜びとともに生き、愛を与えるために強くなろうとする人たちのビジョン共和国
“ヴィヴェ・ジョワイユ"の初代大統領に就任。

東大卒起業家Youtuberとして、高校生、大学生に、アフターコロナ後の、自分に優しい生き方を伝えている。
ハリーチャンネル:
は下の赤のyoutubeアイコンをクリック!

X JAPANのhideの大ファンで歌好き。
Email: info@harry-aramaki.com

Twitter でフォロー

  1. インタビュー

    全盲の学生起業家・加藤健太郎さんを迎えてYouTubeライブやります!5/5火 …
  2. ネタ・雑記

    新型コロナでイベント中止一色の怪(ハリー大統領令1号)
  3. インタビュー

    焼き菓子業界で社会貢献、世界一を目指す!金のマドレーヌ工場長・松本かなさん
  4. ネタ・雑記

    【新型コロナで現実に?】月10万円ベーシックインカムが私達に与える影響とは?
  5. ネタ・雑記

    新型コロナで失業!?年商1200万の個人ビジネスをつくるリアルがわかる連載①
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。