絶対、プレゼンはパワポからつくってはいけない

世間一般的には、プレゼンはパワポでやるから、
そのスライドをつくっていって、それに話をのせる、
あるいは、同時につくっていく、ということが多いと思う。

コンサルなどの経験者であれば、
スライドごとのタイトルをより緻密に具体的な表現として用意し、
スライドごとにある程度どのような内容となるか、ホワイトボード
などに描写してから、スライドづくりにはいるかもしれない。

だが、いずれもスライドを重視しすぎている。
実際問題、スライドは従で、話しが主役であるはずなのだ。

そのことに気がついたのは、
先日、私自身がこれからやろうとしていることの
事業内容をプレゼンテーションする機会があったからだった。

当初私は、ビジネス現場の慣習よろしく、
スライドをまず作成してみて、予行練習のプレゼンをしてみたのだが、
どうにも話が面白くならない。

聴いてくれた方の反応もいまいちであった。

また、非常に、事実やロジック的に偏ったプレゼンテーションになってしまい、
思いや感情が伝わりにくいという事実に衝撃を受けた。

そこで私は一切をみなおし、
スピーチの原稿を0から創ってみることにし、一字一句文字にして、
その原稿にのせて、必要最小限のスライドを補助的につけるやり方を試してみる
ことにした。

すると、どうだろう。

たしかに、一字一句原稿にすることは骨の折れる仕事だが、
その分、なぜ自分がこれを述べるのか、
あるいは、パートとパートのつながりがうまくいっているか、
といった点に配慮したプレゼンとなるので、
事実やロジックとともに、きちんと思いや感情が伝わるプレゼン内容になったのである。
おかげで、私の事業プレゼンは大成功であった。

スライドは従で、スピーチが主。

日本人はスピーチの機会がとても少ないので、
ストーリーテリングが軽視されている嫌いがあるが、
この順番が、何よりも重要なことだと感じた。

みなさんもぜひ、
一字一句原稿をつくってから、スライドをつくってみてはどうだろうか。

Follow me!