コミュニケーション法

トーストマスターズの活用術について

トーストマスターズというのは、アメリカで設立されたNPOで、Where Leaders Madeを掲げ、主にコミュニケーション能力の向上を通じてリーダーを育成することをミッションとしている団体だ。

https://www.toastmasters.org/

世界中に支部があり、当然日本にもあるのだが、
日本での認識といえば、スピーチクラブ、といった色彩が
やや強いかもしれない。
(ひとまえでうまく話せるようになりたいという動機でスタートする方が多い印象)

私自身、ひょんなことで出会って参加するようになったものの、
その場で非常に大きな気づき・成長の機会をいただいているので、
まさに感謝に堪えない。

そして何よりもお伝えしなければならないのは、
この団体が会員に提供している、Competent Communicationマニュアルと
Competent Leadershipマニュアルが、非常によくできているということだ。
これを読んで私はその出来栄えに感銘を受けた。

(ちなみに、いまプログラムの変革期にあり、これらのマニュアルは順次使われなくなっていく方向となっている。)

ところが…実際にトーストマスターズのいろいろなクラブを回っていると、
なかには社会経験がそこまで豊富でないために意義や内容をよく理解できていなかったり、
日々の生活が忙しすぎるために、あまりきちんと読み込まれていない、準備できていない、
という例も結構あるような印象を受けており、非常にもったいない感じがしている。

そこで、まだまだひよこではあるが、これまで経団連や最初の起業(失敗)、スタートアップといった職場で、広報、プロジェクトマネジメント、イベントの企画・実行、マーケティング、営業など、様々なことをやってきた経験から、私なりの視点をシェアできればと考えた。

これらのマニュアルのどのような点が重要で、
どのように使えば、仕事や家庭、交友関係など実生活で役立つのか、
ほんとうにあくまで私なりにだが、思ったところを書き連ねていきたいと思う。

ちなみに、PDFで誰でもダウンロードできるので、
会員でない方でも利用しようと思えば利用できる。
ぜひこのブログとともに、実生活にお役立ていただきたい。

Competent Communication Manual
http://www.toastmastersph.org/PDF/CC_CL/CC225.pdf

Competent Leadership Manual
http://yeinfo.com/dtm/cl_manual_265.pdf

Follow me!

関連記事

  1. コミュニケーション法

    絶対、プレゼンはパワポからつくってはいけない

    世間一般的には、プレゼンはパワポでやるから、そのスライドを…

プロフィール

82338549_1354502788054148_277280460109774848_n

通称ハリー。東大法学部を2006年に卒業後、経団連で7年勤務し退職。IT起業を志すも大失敗。再就職したベンチャーではナンバー2となるが、新幹部から追い落としを食らう。他人の期待に自分をあわせていたのが原因と気づく。以来、自分軸の人生を歩み、歩ませるため、2018年、起業支援業で独立。

事業開始3ヶ月で400万の売上をつくり、初年度の年商も1000万超え。

起業しなくても生きていけるから踏み出せず、悶々とした日々を過ごしている40歳女性・会社員のゼロからの起業をサポートするため、"パラキャリ起業アカデミー"を主宰。これまで40名以上をプロデュースし、数ヶ月でお給料を超える月商を達成する例多数。
X JAPANのhideの大ファンで歌好き。オンラインサロン(youtubeご参照)では、伴奏も手拍子もないカラオケ「シェアカラ」を広めている。

Email: info@harry-aramaki.com

Twitter でフォロー

  1. コミュニケーション法

    絶対、プレゼンはパワポからつくってはいけない
  2. コミュニケーション法

    トーストマスターズの活用術について
  3. コミュニケーション法

    いったいどれだけのスピーカーが明確な目的をもってスピーチしているか
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。